So-net無料ブログ作成
PC関連 ブログトップ

Skype 凄いね~ [PC関連]

時々Skype(インターネット電話)を使うが、使う度に感心してしまう。
電話と比較出来ないほどクリアな音質だ。雑音も殆どない。
遅延や、インターネット特有の途切れ感はややあるものの、実用には問題の無いレベルだ。
しかも世界中どこでも無料(お互いにインターネットの場合)なのである。
複数の人で会議を開催する事も、webカメラがあればTV電話も可能だ。

Skypeに限らず、インターネットによって距離的な感覚はゼロになる。今話している相手、見ている映像は、実は何万キロも離れていたりする。
インターネットって本当に凄いと思う。
これからも様相も出来ない様々な事が簡単に出来るようになるのだろうなぁ~


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

TK-80って知ってる? [PC関連]

その昔、NECが販売していたパソコン・・・いや当時はそんな言葉は存在せず、マイコンと呼ばれていた。

TK-80のネーミングは、トレーニング・キット、CPUは8ビットの8080を搭載している事を意味する。
搭載メモリ(RAM)は標準で512バイト。Gはもちろん、MとかKの単位は付いていないのだ!
さて、これで何ができるのか?
もちろん、このままでは何もできないのだ。
このマシンはトレーニングキット、8080のアセンブラ・・・いや、マシン語をマスターするためのマシンなのである。
ボード右側に見えるキーと、7セグメントLEDを使って16進のマシン語コードを直接入力してプログラミングする。
確か整数の四則演算とか、ルーレットゲームなんかをプログラミングしたように記憶している。
入力したプログラムは何処に保存するのか?
そんなものは無いのだ。電源を落とせば全て消えてしまう。またポチポチ入力するのである。
価格は8万円台の後半だったと思う。しかも電源は別売で、+5V,+12V、-5Vの安定化電源が必要で2~3万円はしたかな。
当時高校生だった僕は、めちゃくちゃ欲しかったのだが、もちろん買える訳がない。
そこで、片道40Km程の道のりを電車賃をケチって、自転車で秋葉原にあったNECのショールーム「Bit-Inn」にプログラミングに行ったものだ。
今の時代、このTK-80をWindows上でエミュレートするソフトが出ていたりする。
どんな人がこのソフトを購入するのだろうか?
今の時代はマシン語を学ぶ必要は殆ど無いので、単に当時を懐かしむ人達が購入するのだろう。
でもね、今の時代のPCも、根っこの部分のアーキテクチャは当時と実は変わらなかったりするのだ。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
PC関連 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。